お金の話を堂々とするブログ

お金持ちはお金の話を堂々とする。お金の話をすることは悪いことではありません。

サイト内検索

3歳から始めるお金の教育計画

投稿日:

お金の先生

あなたは、お金の教育を受けましたか?

社会人になるまでに、まともなお金の教育を受けたことがある人は何人くらいなんでしょうか。

こんな事を考えいるぱぱんもお金の教育を受けたことがあるとは言えません。 強いて言えば、父から一言だけ。

友達同士で絶対にお金の貸し借りはするな 貸すぐらいならやれ、そしてその相手とは今後付き合うな

小学生の時です。35歳の今でも覚えています。これは間違っていない。断言できます。 なので友達もお付き合いした人もお金の貸し借りは一切しませんでした。 話の内容は忘れましたが、父が痛い目にあった時の話と共に聞いたので説得力があったのかもしれません。 親の話が100%正しいとは思っていません。がこの話だけは100%正しい。 なので子供にもこの話はします。 まだ3歳と1歳ですが ww

子供へのお金教育の方法

お金に興味を持たせる

上の子が今週末から幼稚園デビューです。 そろそろ、お出かけの時には小銭から持たせようと思います。 公園で遊ぶ時のジュースやお茶から買わせます。 お金に興味を持たせるためです。 同時に貯金箱も使わせます。まずは小銭から。 お父さんの小銭入れから溢れてくる小銭を自ら貯金箱へ入れさせます。

ただし、オモチャにはさせません。 投げたり、踏んだりしたら怒ります。買い物に行く時に、なにか好きなお菓子を一つだけ選ばせます。そして自らレジに出させます。 時と場合によりますが、お金を渡して払わせようとも思います。

興味がでれば欲しくなる。欲しくなれば、しめたもの

このように貯める、使うを覚えてきてお金があれば好きなものと交換できることを教えて行きます。 年を重ねるごとに欲しいものが増えてきます。 幼稚園や小学校で、どうしても必要なモノ以外はお金を貯めさせます。 お家バイトをさせます。 皿洗い、妹の子守、掃除。出来る範囲で自主的にさせようと思います。 お金が貰えると思ってやってくれていいです。 はじめは、お金の為じゃなきゃしないって言われてもいいです。 お金無しの奉仕があるのは後で知ればいいと思っています。 だってそうでしょう。 あなたも、お金のために仕事してるでしょう。 労働力としての対価としてお給料をもらっている。それが現実です。 社会人になるまでに、 他人の為にお金を使えるようになる為には自らの経済力が必要であることを感じてくれればしめたものです。

あくまでも我が家での計画であり独自の理論です
共感が得られない部分もあるとおもいますが、その部分についてはご自分で勉強なさって下さい

最後に今1番気になっている書籍を紹介します。

-お金の話

Copyright© お金の話を堂々とするブログ , 2018 All Rights Reserved.